アパート経営・不動産投資 虎の巻

誰でもできるアパート経営!金なし・土地なし・知識なし。全くのゼロから億万長者になったアパート経営・不動産投資の極意!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 競争力のある最新型新築アパートとは? | main | 銀行の支店長とバトルしました。アパート経営・不動産投資実践会 >>

アパートは何月に買うべきか? アパート経営・不動産投資実践会


■━ 不動産投資 虎の巻 第230回 ━━━━━━━━━━━■

      土地無し・金無し・知識無し。
      ガソリンスタンド店員がたった5年で億万長者!

         〜不動産投資成功法を遂に公開!〜

■━━━━━━━━━━━━━━━━ 不動産投資実践会 ━━■
こんにちは。
不動産投資実践会 中村 です。


今日もお読みいただき、
ありがとうございます。


2月〜3月末は、アパートオーナーにとって
もっとも忙しい時期です。


この時期は、業界では、
「入居の旬」と呼ばれるシーズン。


4月からの進学や就職による
“民族大移動”を控え、
部屋探しをする人が増えるからです。


アパートの清掃をしたり、
季節の花を植えたプランターを並べたり、
スーパーやコンビニに入居者募集のポスターを
貼ってもらうお願いをしたり…。


私も、この時期ばかりは、
遊びの予定を普段の半分に減らして、
一生懸命に働きます。

 

ところで、あなたは業界で囁かれている
「入居の旬」伝説をご存知でしょうか?


新築アパートを建てるなら、
「入居の旬(2月〜3月)」に合わせて竣工(工事の完成)せよ。


なぜなら、通常の賃料より高い設定の
「新築プレミアム価格」で貸し出せるから。


これが「入居の旬」伝説です。


ちなみに、「新築プレミアム価格」とは、
通常の賃料に10〜20%上乗せした金額設定のこと。


「少しでも、高い賃料で貸し出したい」というのが
アパートオーナーの本音です。


しかも、需要の多い「旬」の時期となれば、
最初から満室スタートも夢ではありません。


この時期に竣工を合わせるというのは、
至極納得のいく「論理」と言えます。

 

確かに、私の1棟目のアパートも、
3月竣工で、竣工前に満室となりました。


もちろん、全室「新築プレミアム価格」の家賃で
貸し出せましたので、企画は大成功と言えるでしょう。


しかし、です。


2棟目、3棟目は、あえて「入居の旬」に
竣工を合わせることはしませんでした。


どちらの時も、たまたま「良い土地」の話を聞き、
速攻でその土地を手に入れると同時に着工したためです。


不動産との出会いは「ご縁」。
チャンスはいつ巡ってくるかわかりません。


そう思っているからこそ、
ピンと来た時点で、すぐさま行動を開始したのです。


それぞれ12月と7月の竣工でしたが、
竣工前に「新築プレミアム価格」にて満室となりました。

 

そこで、疑問が湧いてきたのです。


「入居の旬」伝説は、果たして本当なのか?

新築プレミアム価格の家賃は、2〜3月にしか設定できないのか?

 

「常識」と思われていることでも、一度は疑ってみる。


莫大な資金力や強力なコネのない状況から
成功を掴むためには、そうした姿勢が絶対必要です。


私自身、これまで著書などで、
「新築アパートの竣工は入居の旬に合わせて」
と言ってきました。


しかし、実際の経験や現状を分析してみると、
この見解は訂正したほうが良いように思えてきたのです。

 

「新築アパートは、入居の旬に合わせて竣工、
入居募集する必要はまったくない」


これが、現在の私の結論です。


なぜなら、入居の旬の時期は需要も増えますが、
それだけライバルも増える時期だからです。


たとえオンボロアパートであっても、
賃料が安ければ、十分競争できてしまうため
1月くらいから部屋を空けておくオーナーもいます。


特に、昨今の不景気で、親からの仕送り額が減ったり、
生活費の中で家賃を低めに抑えたりして、
「新築プレミアム価格」を敬遠する層も増えています。


さらに、賃貸不動産業者も客が殺到して多忙な時期。


このチャンスにと、入居希望者を
素早く契約させるのが最優先事項となります。


普段なら、「新築プレミアム価格」で売り込みたいところも、
そんな余裕がないというのが実情。


残念ながら、この時期は、
どんなに素晴らしい最新設備を持った新築アパートでも、
その魅力がかすんでしまう危険すらあるのです。

 

このことから、


「従来の『入居の旬』は、中古アパートの『入居の旬』。
新築アパートは、この限りではない」


ということがわかるでしょう。


もちろん、どんな時期でも、
「新築プレミアム価格」の通用する物件もあります。


しかし、わざわざライバルの多い「入居の旬」に
竣工を合わせなくても、良い土地が見つかったら
即行動に移したほうが、あなたの手元に早くお金が入ってきます。


もし、あなたが「入居の旬」伝説を鵜呑みにして、
購入や着工を後回しにしているなら、
それは時間のムダでしかありません。


良い企画の物件であれば競争力も高く、
旬の時期にこだわらなくても、十分満室が可能です。


あなたが成功のスピードを早め、
少しでも近い将来に「お金持ち」になりたいのであれば、
即行動が大切と頭に叩き込んでおいて下さい。


どんな天才であっても、「ピンと来る物件・土地」に、
いつ巡りあえるかはわかりません。


だからこそ、「これ!」と思うチャンスが目の前に来た時に
しっかり掴まえられるよう、普段から準備しておくことが大切です。


ぜひこれからも知識の収集だけは常に行っていてください。
あなたの成功の扉を開けるマスターキーになることは
間違いありません。


ではまた。

 

不動産投資・アパート経営の注意点 | permalink | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -